スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

どうせ人の事を言うのなら・・・

今日は批判と悪口について考えてみたいと思います。


批判

1 物事に検討を加えて、判定・評価すること。「事の適否を批判する」「批判力を養う」

2 人の言動・仕事などの誤りや欠点を指摘し、正すべきであるとして論じること。「周囲の批判を受ける」「政府を批判する」

3 哲学で、認識・学説の基盤を原理的に研究し、その成立する条件などを明らかにすること。


悪口

他人を悪く言うこと。また、その言葉。

(どちらも 出典 デジタル大辞泉)


どうやら、批判とは、客観的なものであり、悪口とは言う人の主観的なものであるようです。

また、批判は本人を前にしてする事もありますが、悪口は本人のいない場で言われる事が多いようですね。


2人以上集まると、その場にいない人の悪口が話題になったりする事がありますね。

もし本人の前だと絶対に口にしないような悪口を言うと、その場では気持ちがスッキリするのかも知れません。

でも、悪口を言ったという事で、後でほんの少し後ろめたい気持ちになったりしませんか?

また、もしも「あの人があなたの事をこう言ってた」と本人に告げ口をされたら、困りませんか?


人間は誰でも完璧ではありませんから、人から批判される事もあるでしょう。

でも、それが、自分の居ない場所で、悪口として言われていたとしたら・・・悲しいですよね。


その場に居ない人の事を口にする時、私がいつも必ず気を付けている事が1つだけあります。

それは、「本人を目の前にして言えない発言は、他の人の前でも発言しない。」という事です。

本人の居ない場所だけではなく、本人が居る場所でも言える事だけしか口にしない、という事です。

言い換えれば、「自分の発言は、全て本人の前で言える事である」ということになります。

そうすれば、その場から離れて、後で自分が後ろめたい気持ちになる事もありません。

たとえ、「あの人があなたの事をこう言ってた」と告げ口されたとしても、堂々と自分の発言や考えを主張する事が出来ます。


批判は相手も自分も前に進む事が出来るけど、悪口を言うだけでは相手も自分も前に進む事はないのだと思います。


ですから、どうせ人の事を言うのなら、悪口ではなく、前進的な批判をするように心掛けましょう。

その方が、自分にとっても相手にとっても優しい生き方なのではないでしょうか。





よかったら、応援クリックしてね♪








関連記事
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

sinceritycounselor

Author:sinceritycounselor
人間が大好き、誰かのために、ほんの少しでもお役に立てる事が出来たら・・・。

そんな思いで、カウンセラーの資格を取得しました。

あなたの心に少しでも「小さな幸せ」が宿りますように。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
ブログ村ランキング
line
sub_line
検索フォーム
line
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。