スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

過去の嫌な出来事や悲しい思い出は

普通、人間は嫌な出来事や悲しい思い出は無意識に記憶の引き出しにしまい込むものらしい。

私自身も、嫌な出来事や悲しい思い出はあまり憶えていません。

今でも忘れられないと思うのは、小学生の頃、抵抗する私を父が押さえつけ、母に無理やり、腰まで伸ばしていた髪を短く切られた事と、社会人になって初めて交際し、結婚を考えていた男性から、「明日から、恋人じゃなくて、お前の兄貴になるよ。」と言われた時の記憶くらいです。

どちらの時も、一晩中泣き明かした事を憶えています。


長かった髪を母に切られたのは、毎朝自分で髪を結う事が出来なかったからでした。

「恋人から兄貴になる。」と言うのは、交際していた男性が、「お前を手放すのはイヤだけど、もっと遊びたい。」と思ったから。

その男性からは後々プロポーズをされたのですが、結果的にはそのプロポーズはお断りしました。


どちらの経験も、たまに思い出すと今でも悲しい気持ちが甦ります。

でも、普段の生活で、その事を思い出す事は滅多にありません。

楽しかった出来事や嬉しかった出来事を思い出す事の方が圧倒的に多いです。


人は、楽しかった出来事や嬉しかった出来事を考えていると、前向きに生きる事が出来ます。

でも、中には、嫌な出来事や悲しい思い出を記憶の引き出しにしまい込むことが出来なくて、その事ばかり考えてしまう人もいます。

そういう人は、後ろばかり見て過去を引きずり、人生が楽しくないし、自分の存在価値を見出せなくなったりします。


確かに、過去の嫌な事や悲しい思い出は、一生なかった事には出来ません。

でも、そんな思い出は、早く自分の記憶の引き出しにしまい込んでしまいましょう。

そして、なるべく楽しかった事、嬉しかった事を思い出すようにして、明日の自分を見るように心掛けましょう。

そうすれば、きっと、自分自身にも優しい生き方が出来るのではないでしょうか。




よかったら、応援クリックしてね♪





関連記事
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

sinceritycounselor

Author:sinceritycounselor
人間が大好き、誰かのために、ほんの少しでもお役に立てる事が出来たら・・・。

そんな思いで、カウンセラーの資格を取得しました。

あなたの心に少しでも「小さな幸せ」が宿りますように。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
ブログ村ランキング
line
sub_line
検索フォーム
line
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。